授乳中のアフターピルの利用と避妊リングの活用

避妊用のピルは低用量ピルとも呼ばれており、決められた周期で飲んでいくことで妊娠を防げるものとなっています。
そしてアフターピルと呼ばれる薬もありますが、アフターピルは緊急用の避妊薬となっており、性行為のあとに服用する薬です。
この薬は避妊に失敗してしまった場合や性被害に遭ってしまった場合などに利用されており、避妊が行えなかった場合にも効果を発揮してくれます。
そしてこうしたアフターピルは性交以後は72時間以内と早めに飲むことが大切ですので、できるだけ早く医療機関に相談しましょう。

そして出産間もなくであればしばらくは妊娠を避けたいと考える人は多いですが、授乳中の場合はピルを利用することに抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。
授乳中の場合は薬の成分が母乳に移行してしまうことも考えられますし、ホルモンに影響が出るものですので、授乳にも何らかの影響が出てくることが考えられます。
それゆえに授乳中は避妊薬は利用しないことが一般的です。

とはいえ、授乳中でも性行為が行われるとなると、やはり妊娠の可能性は否定できません。
避妊具を利用することでかなり妊娠の確率は低くなりますが、それでも完全というわけではありません。

授乳中により安心して避妊を行うのであれば避妊リングの利用も検討してみましょう。避妊リングは子宮内に小さな避妊用の器具を入れておくことで受精卵の着床を防ぐものです。
医薬品を利用する方法ではありませんので、授乳中でも母乳に影響が出る心配はなく安心して利用できる方法です。
そして避妊の効果が高い方法ですので、次回の妊娠まで期間を置きたいという場合にも適した方法です。
避妊リングの利用を検討している場合は担当の医師に相談してみましょう。

トップページへ