受胎調節とアフターピルの処方について

受胎調節とは妊娠を望まないときは避妊をし、妊娠を望むときは積極的に妊娠しやすくするための方法を考えることです。受胎調節には様々な方法があるとされていますが、日本国内でも低用量ピルや女性用コンドームなど実に多くの避妊具が存在しています。受胎調節の条件としては避妊効果が高いことや、性感をそこなわないことが重要なポイントです。また副作用の危険がなく、使用を辞めれば妊娠も可能である自由性も大切です。さらに誰でも簡単に使用することができ、男性の協力の必要はなく女性の意思のみで行えるという点も大事です。低用量ピルや避妊ピルは現在用いられている避妊法の中でも、最も避妊効果が確実で錠剤を飲むだけで避妊が可能な手軽さと性行為のムードを壊さないという観点から注目が集まっています。最近では性行為で避妊に失敗した場合に、性行為後に緊急的に使用するアフターピルの普及も広がっています。アフターピルは医師の処方に従って正しく使用すれば、高い確率で妊娠を防ぐ効果があるといいます。アフターピルでは中用量ピルを使用したり、低用量ピルを数倍の量で使用したりといった方法がとられます。妊娠が回避できたかどうかの判断は生理で分かります。アフターピル服用後に早い人では数日後、普通の人でも3週間以内に出血が見られれば避妊が成功したサインです。アフターピルを服用する際はいくつかの注意点があります。第一に使用前に既に妊娠しているかを確認する事が肝心です。またアフターピルを服用するには、必ず産婦人科での診察を受けて医師の処方に従って使用を行います。その際他に服用している薬がある場合は、飲み合わせもあるので必ず医師に伝えることが重要です。さらにアフターピルを効果的に使用するには、飲むタイミングが非常に重要な要素となります。医師の処方や指示を適切に守り、正しい服用をすることで妊娠回避率が高まるといえます。

トップページへ